ID:210
ISPぷらら > メールを設定する
ISPぷらら > メールを設定する > メールソフトの設定方法
 
 

Thunderbirdにメール設定をしたい

 
 
お客様のご利用の設定を以下より選択してください。
POP3
この手順は「Thunderbird45」にPOP3でメールアカウントを手動設定する手順です。
バージョンによって表示が異なる場合があります。
「Thunderbird45」のメールソフトを立ち上げます。初回起動時は「システム統合」が表示されます。「既定として設定」を選択してください。
通常はチェックの変更をせず、そのまま「既定として設定」で進んでください。
「メールアカウントを設定する」を選択してください。
中ほどの表示(上図では「gandi.net」)は変わる場合があります。
そちらは利用しないため、念のためチェックは外して進めてください。
「メールアカウント設定」画面にて、メールの設定情報を入力します。
入力が終わったら「続ける」を選択してください。
あなたのお名前 任意(例:ぷらら太郎)
メールアドレス メールアドレスを入力(例:taro@***.plala.or.jp)
パスワード メールパスワード
パスワードを記憶する パスワードを保存する場合はチェックを入れる
メール設定情報の検索が行われるので、しばらく待ちます。
検索が成功し「アカウント設定が Mozilla ISP データベースから見つかりました。」と表示されます。設定内容確認のため「手動設定」を選択してください。
サーバー情報(赤枠内)を下の表をもとに確認し、問題がなければ「完了」を選択してください。
【以下の例はメールアドレスが「taro@***.plala.or.jp」の場合】
  種類 サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
受信サーバ POP3 ***.mail.plala.or.jp 110 接続の保護なし 通常のパスワード認証
送信サーバ SMTP ***.mail.plala.or.jp 587 接続の保護なし 通常のパスワード認証
  ユーザー名
受信サーバ taro
送信サーバ taro
「警告」画面が表示されますが「接続する上での危険性を理解しました」にチェックを入れます。
通常のPOP3設定では、パスワードの暗号化は行われないため、上記の警告が表示されますが問題はありません。
チェックを入れてから「完了」を選択してください。
サーバーにアクセスし、パスワードが正しいか確認が行われます。
(パスワードが正しければ、この画面はすぐに表示が終わります)
設定画面が閉じ、Thunderbirdにアカウントが作成されて完了です。
IMAP
この手順は「Thunderbird45」にIMAPでメールアカウントを手動設定する手順です。
バージョンによって表示が異なる場合があります。
「Thunderbird45」のメールソフトを立ち上げます。初回起動時は「システム統合」が表示されます。「既定として設定」を選択してください。
通常はチェックの変更をせず、そのまま「既定として設定」で進んでください。
「メールアカウントを設定する」を選択してください。
中ほどの表示(上図では「gandi.net」)は変わる場合があります。
そちらは利用しないため、念のためチェックは外して進めてください。
「メールアカウント設定」画面にて、メールの設定情報を入力します。
入力が終わったら「続ける」を選択してください。
あなたのお名前 任意(例:ぷらら太郎)
メールアドレス メールアドレスを入力(例:taro@***.plala.or.jp)
パスワード メールパスワード
パスワードを記憶する パスワードを保存する場合はチェックを入れる
メール設定情報の検索が行われるので、しばらく待ちます。
検索が成功し「アカウント設定が Mozilla ISP データベースから見つかりました。」と表示されます。設定内容変更のため「手動設定」を選択してください。
この状態ではPOP3設定となるため、IMAP設定値に変更が必要です。
受信サーバが「POP3」となっているところを選択してください。
選択肢から「IMAP」を選びます。
受信サーバをIMAPにすると、ポート番号が自動で「143」に変わりますが、後ほど修正するので、そのまま進んでください。
受信サーバ・送信サーバのホスト名を修正します。
  種類 サーバのホスト名
受信サーバ IMAP imap.plala.or.jp
送信サーバ SMTP secure.plala.or.jp
受信サーバのポート番号を選択肢から「993」を選びます。
切り替えると、SSLは自動的に「SSL/TLS」に変わります。
送信サーバのポート番号を選択肢から「465」を選びます。
切り替えると、SSLは自動的に「SSL/TLS」に変わります。
ユーザ名をメールアドレスに書き換えます。
ユーザー名が「受信サーバ」と「送信サーバ」に分かれていますが、受信サーバを書き換えると自動で送信サーバも書き換わります。
【以下の入力例はメールアドレスが「taro@***.plala.or.jp」の場合】
  ユーザー名
受信サーバ メールアドレスを入力(例:taro@***.plala.or.jp)
送信サーバ メールアドレスを入力(例:taro@***.plala.or.jp)
入力が終わったら「再テスト」を選択してください。
「再テスト」選択前は、認証方式が「自動検出」のままで問題ないです。
再テストが済むと、認証方式が切り替わります。
下の表と同じ認証方式に変更されていれば「完了」を選択してください。
【以下の入力例はメールアドレスが「taro@***.plala.or.jp」の場合】
  種類 サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
受信サーバ IMAP imap.plala.or.jp 993 SSL/TLS 通常のパスワード認証
送信サーバ SMTP secure.plala.or.jp 465 SSL/TLS 暗号化されたパスワード認証
  ユーザー名
受信サーバ メールアドレス(例:taro@***.plala.or.jp)
送信サーバ メールアドレス(例:taro@***.plala.or.jp)
サーバーにアクセスし、パスワードが正しいか確認が行われます。
(パスワードが正しければ、この画面はすぐに表示が終わります)
設定画面が閉じ、Thunderbirdにアカウントが作成されて完了です。
この情報は参考になりましたか?

参考になった
参考になった
あまり参考にならなかった
あまり参考にならなかった
欲しい情報と違った
欲しい情報と違った